青森県の冬のイベント!十和田湖冬物語2017を最大限に楽しむコツは?

青森県の冬の楽しみの一つと言えば、十和田湖で毎年開催されている十和田湖冬物語。今年は2月3日から26日までの期間開催されています。

さっそく家族で楽しんできました。

真冬の十和田湖のお祭りを最高に楽しむために!絶対に抑えておきたいポイントを紹介するので、参考にして頂ければと思います。

交通手段は車かJRバスで!JRバスの冬季運行は冬物語期間中限定なので注意

十和田湖冬物語に行きたい!そう思って交通手段を調べると車かバスかの2択になります。バスと言っても路線バスはなく、JRバスしか利用できません。

JRバスの冬季運行は冬物語期間中限定です。詳細はこちらのホームページをご確認ください。

車で向かう場合、雪道に慣れていない人は結構厳しい道のりです。十和田市の街中は晴れているのに、十和田湖は猛吹雪!なんていう日も少なくないです。自分で運転して会場に向かう場合は、ある程度覚悟して向かいましょうね。

十和田湖冬物語の会場近くの宿泊施設を利用すると、ご宿泊者専用でJR八戸駅からの無料送迎バスを出している所が多くあります。そういう所をうまく利用して、ゆっくりとした気持ちで十和田湖冬物語を満喫したいですね。

十和田湖冬物語の会場まで歩ける近さ!JR八戸駅から無料送迎をしている宿泊施設をまとめました。

ご宿泊者専用でJR八戸駅から無料送迎バスを出している宿泊施設。そして歩いて会場まで行けちゃう近くて便利な宿泊施設をまとめました。十和田湖冬物語期間中の土日は特に満室で予約が取りにくい状態が続きます。平日を選ぶか、早くから予約をすることをオススメします。

しっかりと厚着をしよう!

2月と言えば真冬。十和田湖の冬の寒さは半端ないです!せっかく十和田湖冬物語を楽しもうと思って来たのに、「寒すぎて満喫できなかった」という人が少なくないようです。特に、小さい子供は寒さを我慢できないので、会場に到着してすぐに子供が寒いと泣き出して、結局何も見る事ができなかった・・・なんて事態にならないように気を付けなければなりません。

十和田市の街中と同じような服装で来るのは大間違い!十和田市街は雪が積もっていなくても、十和田湖は4月の上旬まで雪が積もっています!間違っても、運動靴で来る事はしないでくださいね。

しっかりと防寒して下さい!

絶対に身につけておきたい服と小物類

以下の物は最低でも身につけておきたいです。

  • ニット帽
  • マフラー
  • 靴下2重履き
  • 雪用長靴
  • ダウンコート/スキーウェア
  • ホッカイロ

子供の靴下の替えは会場に持ってくることをオススメします。特に足先はすぐ冷たくなってしまうので、靴の中にホッカイロを入れると寒さ対策になりますよ。しもやけになるとツラいので、しっかり対策しておきましょう。

夜の花火を見逃しちゃダメ!

十和田湖冬物語の期間中、毎日打ち上げられる花火。「どうせ小さいやつなんでしょ」なんてなめてかかってはいけません。すぐ近くで打ち上げられるので、なかなかの迫力です。

透き通る冬空に打ち上げられる花火。圧巻です!花火のスタート時間は夜の20時から。夜まで十和田湖冬物語を楽しんでください。

十和田湖冬物語2017の写真いろいろ

毎年演出やイベントなど変わるのですが、十和田湖冬物語2017の雰囲気を写真でご紹介しておきます。ほんの一部ではありますが、何を楽しもうか、わくわくしながら十和田湖最大の冬のイベントを楽しんでくださいね。

▼ゆきあかり横丁▼

▼雪像+ステージ▼

▼ライトアップ▼

▼ドッグラン▼

▼雪見足湯▼

▼こども迷路▼

▼かまくらBar▼

▼そり滑り台▼(そり持参可、貸し出しもしています♪)

青森県の十和田湖冬物語へ行くなら、宿泊した方が良い理由は?
十和田八幡平国立公園内で毎年開催されている、十和田湖冬物語。 2017年の実施期間は2月3日から26日まで。平日15時...