日本の英語教育が大きく変わるからこそ、取り組みたい子供の英語教材。おすすめベスト3を紹介

2020年から、日本の英語教育が大きく変わる事をご存知でしょうか?「小学3年生からの必修化」「小学5年生からの教科化」されるんです。

「必修化?」「教科化?」いまいち違いがわかりませんよね。ちょっと簡単にまとめてみたので、ご覧ください icon-arrow-down

必修化=教科ではないので、国語や算数のような教科書はありません。学習内容やテキストは学校の先生が独自で決めながら、授業を行います。
教科化=検定教科書(文科省の検定に合格した教科書)を使用しながら、テストが行われ、通知表に数値により成績がつけられます。

小学5年生の時点で、通知表に英語の成績がつく・・・かなり衝撃的じゃないですか?もちろん変わるのは小学校の英語教育だけではありません。

2020年にはセンター試験が廃止され、それに変わる新試験が導入されることになっています。

これまで「Reading(読む)」「Listening(聞く)」のみだった試験から、「Reading(読む)」「Listening(聞く)」「Writing(書く)」「Speaking(話す」の4技能構成のテスト形式に変更される予定になっています。

その試験に対応できるような授業が中学校・高校で行われるようになるので、大きな変革になる事は間違いないでしょうね。

子供が困らないために、保護者が出来る事は?

最近では乳児や幼児期から高額な英語教材を使用しながら、わが子の英語教育に力を入れている家庭がかなり増加しているようです。 2020年の大規模な変革に不安を感じ、わが子を苦労させたくないという親心なんでしょうね。

子供が困らないように、保護者が出来ることは意外と多いです。英語学習もその1つ。

小さいうちに英語を学習すると、驚くほどのスピードでスポンジのように英語を吸収していきます。大人が苦労して覚えるようなことでも、子供はすぐに覚えてしまう。本当うらやましい。

家庭で英語に触れる環境を作ってあげるだけで、学校で英語の授業が始まってもすんなり受け入れられるでしょうね。

ただ、学校に通い始める前からそんなに高額な英語教材を購入してまで英語学習する必要が本当にあるのかどうかは疑問です。子供が小さい時はお金の最大の貯め時!それなのに、英語教材に大金を使って大丈夫でしょうか?

実は私も子供に英語教材を使用しながら英語学習を楽しんでいます。ただ、英語教材は正規ではなくて中古の物。それだけでぐーんと費用を抑えながらも英語学習を実践することが出来ていますよ。

【英語教材人気ベスト3】子供にあう英語教材をじっくり探そう

英語教材を選ぶ際に、どんな教材が子供に合うのか一度資料請求をしてじっくり考える事をおすすめします。人気があり、評判が高い英語教材ベスト3をまとめました。英語教材にあんまりお金をかけたくない人のために、中古での販売状況も紹介しておきます。

ディズニー英語システム

英語を聞きとる力、話す力、読む力、書く力そして自分の気持ちや考えを、しっかり相手に
伝える力が身につく「ディズニーの英語システム」。2016年イード・アワード、子ども英語教材において「効果がある英語教材」No.1に選ばれるなど、かなり評価の高い教材です。

公式サイト 0歳からの英語環境作り ディズニー英語システム

実は私の家庭でも、ディズニー英語システムを利用しています。ただし、正規の値段は目が飛び出るくらい高額なので、中古で使用しています。中古でも良質な教材はそのまま。英語はかなり身につきますよ。

中古で教材購入するならこちら icon-arrow-circle-down 

ワールドワイドキッズ

ごはんを食べるように、お気に入りのおもちゃに手を伸ばすように。毎日の暮らしの中で自然と英語が楽しめる環境作りが出来る英語教材。対象年齢は0~6歳。

公式サイト 英語と一緒に未来へ行こう ワールドワイドキッズ

中古で教材購入するならこちら icon-arrow-circle-down 

えいごであそぼプラネット

あまり中古では出回っていない英語教材です。正規で購入する場合でも、ディズニー英語システムやワールドワイドキッズに比べてずっと安い値段で購入出来ます。

NHK教育のえいごであそぼ!に登場するキャラクターが教材の中で扱われています。

公式サイト NHK教育「えいごであそぼ」の幼児英語教材

英語学習は、「やってみよう」と思った時こそが最適な始め時

0歳から英語を学ばせている家庭があるのだと知ると、少し焦ってしまいますよね。出遅れてしまった感覚に陥ってしまう人も少なくありません。ただ、乳児期・幼児期から英語学習をしていないからと言って、英語を学び始めるには遅すぎるのかというと決してそんなことはありません。

何をする時だって「遅すぎる」という事はありません。「やってみよう」と思った時こそが最大の始め時。子供が楽しみながら取り組めそうな英語教材を今から探してみてはいかがでしょうか。