IPO投資をする人のメインバンクはSBI銀行が超オススメな4つの理由

皆さんはどこの銀行をメインバンクにしていますか?

今回は、IPO投資をする人のメインバンクはSBI銀行が超オススメな4つの理由を紹介します。

理由①:金利が高くて魅力的

SBI銀行の口座とSBI銀行の口座を持っている場合、2つの口座を結びつけるSBIハイブリッド預金という仕組みが使えます。

公式サイト SBIハイブリット預金とは?

SBIハイブリット預金を使うと受けられる優遇金利がかなり魅力的!都市銀行の定期預金金利並みの高水準なんです。

超低金利の時代。利子収入と言ってもたかが知れていますが、もらえるものはもらっちゃいましょう!

理由②:「SBIハイブリット預金の残高=買付余力」になるのでIPOの抽選参加が楽

SBIハイブリット預金の残高は、そのままSBI証券での買付余力になります。これを自動スウィープサービスといいます。

公式サイト 自動スウィープサービスとは?

この自動スウィープサービスが意外に便利!

「SBIハイブリット預金の残高=買付余力」になるので、わざわざ資金移動をしなくてもメインバンクに貯まっている豊富な資金力を使ってSBI証券のIPO抽選に参加できるようになります。

SBI証券は、IPO取扱数がダントツに多いのが特徴。SBI証券のIPO抽選分だけでも資金移動をしなくてもよくなれば、資金移動にかける時間と手数料が相当減ることになります。

理由③:SBI証券のIPO抽選ルールは資金力がある人に有利

SBI証券では、買付余力が多ければ多いほどIPOに当選しやすくなります。

公式サイト SBI証券IPO配分ルール

抽選に関しましては、当社での個人のお客様への配分予定数量の70%については、買付余力の確認ができました有効申込株数に応じて厳正かつ公正な抽選を行わせていただきます

理由②でも紹介したように「SBIハイブリット預金の残高=買付余力」なので、SBI銀行をメインバンクにすることで資金をSBI銀行に集中させておけば、その分買付余力も多くなり、IPOの当選確率がアップします。

理由④:月末残高に応じて他行への振込手数料が無料になる

SBI銀行では、月末残高等に応じて他行への振込手数料が1回~15回無料になります。

無料回数の決め方がややこしいんですが、ごくごく簡単に言えば、月末残高100万円以上で3回、300万円以上で7回無料になります。

公式サイト 住信SBIネット銀行のランク判定条件

うちではだいたい3回か7回無料になることが多いです。

普段はIPOの当選確率アップや資産運用のためにSBI銀行(SBIハイブリット預金)に資金を集中させておき、IPOの前受金用に資金移動をしたい時には振込無料回数を使って各証券会社に資金を移動させる。こうすることで、IPOの当選確率をアップさせつつ資金移動のために払う振込手数料を節約することができます。

口座開設の前にハピタスを経由してポイントを稼ごう

証券会社や銀行に口座を開設するなら、ハピタスを経由することをオススメします。ハピタスを経由してから口座開設をするだけで、数百円~数千円分のポイントが稼げますよ。

ハピタスを経由してから住信SBIネット銀行の口座を開設すると、それだけで350円相当のポイントをゲットできます。

公式サイト ハピタスとは?

ポイントサイト【ハピタス】がネット副業や節約におすすめな7つの理由とは?
ポイントサイト【ハピタス】とは? YouTube公式動画 公式サイト 賢い人のお得なサイト | ハピタス あなたはポイント...