超安い!Canonプリンター純正インクBC341/BC340対応の節約詰め替えインク

  • 「純正インクはめちゃくちゃ高いくせにすぐに無くなる!」
  • 「プリンターのインクをもっと安く手に入れられたら良いのに!」

今回はそんな悩みを解決してくれる、Canonプリンター純正インクBC341/BC340用の超安いおすすめ詰め替えインクを紹介します。

要注意 詰め替え後に正常に印刷するためには「インク残量検知機能」を無効化する必要があります。詳しくは記事の下の方を見てください。

BC340/BC341詰め替えインクはとにかく大容量!!

純正品BC340(ブラック)4個分とBC341(カラー)2個分がセットになって、お値段なんと2,960円!!

純正品参考価格で10,840円相当のインクが2,960円で買えるんです!なんと7,880円分もお得!

一度使うとその安さに病みつきになっちゃいます、禁断のインクです(笑)

「純正品じゃなくてもちゃんと印刷されるの?」⇒「大丈夫です!」

使用済の純正インクカートリッジBC340/BC341に詰め替えて使うタイプの商品なので、ICチップの認識エラーなどは起こりません。

詰め替え後にちょっとした設定は必要ですが、ちゃんと印刷されます。

専用の詰め替えキット付きで誰でも簡単に使える

純正品のインクカートリッジBC340/BC341に穴をあけてから詰め替えインクを注入することになるんですが、穴あけドライバーと穴あけガイドがセットになっているので、誰でも簡単に詰め替え作業ができるようになっています。

詰め替え方法は超簡単!ショップで公開されている説明動画をご覧ください☟

※冒頭で「キャノンBC71/91の詰め替えインクの…」と言っていますが、動画のタイトルにもあるようにちゃんと BC340/341にも対応しているのでご安心ください。

対応プリンター一覧

PIXUS MG4230, PIXUS MG4130, PIXUS MG3630, PIXUS MG3530, PIXUS MG3230, PIXUS MG3130, PIXUS MG2130, PIXUS MX523, PIXUS MX513

インク残量が表示されなくなる

この商品に限らず、詰め替えタイプのインクを使うとインク残量が表示されなくなっちゃうんです。というか、インクを補充してもインク残量の表示は増えません。

どうしてインク残量が表示されなくなるの?

ショップの販売ページに以下のような説明が載っていました。

実はプリンターにカートリッジ内部のインク量を検出機能はありません。
純正カートリッジは使い捨てなので、プリンターにセットしてから、どれくらい動いたか、どれくらい印刷したかによって、大体の目安でインク残量を表示しています。

ですので、同じカートリッジにインクを詰替えて使用する場合は、どうしてもインクがありませんという表示が出てしまいインク残量検出機能が使えなくなってしまうのです。

じゃあどうやってインク残量を確認する?

インク残量の確認方法

  • 実際に何か印刷してみて状態を確認する
  • テストプリントで色のかすれ具合をみる

いろいろ面倒なので、我が家では「なんとなくインクが少なくなってきたなー」と思ったらとりあえずインクを注ぎ足しちゃってます。

詰替え後に「インク残量検知機能」を無効化する必要あり【超重要】

要注意 詰め替え後に正常に印刷するためには「インク残量検知機能」を無効化する必要があります。

インク残量検知機能の無効化方法

  1. プリンターの電源が入った状態で『ストップボタン』もしくは『リセットボタン』を10秒間以上長押しする。(多くのプリンターはこの方法だけで無効化できます。)
  2. プリンタの電源を落とし、プリンタ側の電源ケーブルと、USBケーブルを抜く。15分ほど時間をおいてから、抜いたケーブルを差し込み、プリンターの電源を入れる。(1の方法で無効化できない場合にお試しください)

詰め替え後にこれをやらないとプリンターが色々と文句を言ってきて、印刷させてもらえないんですよ。BC340/BC341詰め替えインクを使うなら必須の手順です。

3回に1回は新しい純正インクカートリッジに交換してます

何回か詰め替えインクを使っているうちに、どうしても純正インクカートリッジ内のインクを吸い込む綿の部分が劣化してインクの吸い込みが悪くなってきちゃいます。

我が家で実践している対応策

  1. 3回詰め替えインクを使ったら、古いインクカートリッジは捨てて新しい純正インクカートリッジを買う
  2. 新しい純正インクカートリッジを使い切る
  3. 空になった新しい純正インクカートリッジに詰め替えインクを補充する
  4. (1~3を繰り返し)

つまり、3回に1回はケチらずに新しい純正インクカートリッジに交換しています。(販売サイトでは10回詰め替え可能と宣伝しています)

販売サイトによれば、インク補充用に空けた穴に爪楊枝を挿してしばらく待つとインクが浸透しやすくなるみたいなんですが…

我が家ではいちいち爪楊枝を挿すのが面倒なのと、この詰め替えインクのおかげで印刷代をだいぶ節約できているので、3回に1回ぐらいは純正インクを買ってもバチは当たらないかなと思って爪楊枝は使ってません。