【貸倒損失が確定】SBIソーシャルレンディングの遅滞債権の回収状況

遅滞債権の回収が進められていたSBIソーシャルレンディングのSBISL不動産バイヤーズローンファンド20号。我が家でも50万円出資していましたが、11月15日に貸倒損失額が確定しました。残念ですが、現実を受け止めるしかない状況です。

口座情報画面に見慣れない「貸倒損失」の文字が…

SBIソーシャルレンディングから「分配金の振込が完了した」というメールが届いていたので久しぶりにHPにログインして口座情報を確認しました。

すると、一番上の段に普段は見ることのない「貸倒損失(確定額)」の文字がありました。

先日の記事でもお伝えしていましたが、不動産バイヤーズローンファンド20号については、遅滞債権の回収状況として、10月31日時点で「分配額と償還額の総額が当初出資額を下回ることが予想される」ことが発表されていました。

【損失ほぼ確定】SBIソーシャルレンディングの遅滞債権の最新回収状況
SBIソーシャルレンディングを通して出資していた不動産バイヤーズローンファンド20号。 2018年7月に債権者と連絡が...

貸倒損失は89,440円で確定

我が家では、不動産バイヤーズローンファンド20号に50万円を出資していましたが、貸倒損失は89,440円で確定しました。

パーセントにして約18%の損失ということで、今回はちょっと高めの授業料を払わされる形になりました。

運用中元本残高は昨年末の半分以下に

昨年末の時点ではSBIソーシャルレンディングでの運用中元本残高が数百万円ありました。

しかし、最近ではソーシャルレンディングについて色々と思うところもあり出資を控えていたところ、現在では運用中元本残高が百万円以下まで下がってきています。

今後はインカムゲイン狙いとしてはリートや債券の投資信託・ETF等を積極的に使っていくつもりで、ソーシャルレンディングは投資額が大きくなり過ぎないように配慮しながら資産運用のスパイス的な使い方をしていこうと思っています。