ザ・パックの株主優待で実質33%引きのクオカードが2,000円分到着

ザ・パック(3950)の株主優待が届きました。

株主優待の中身は?

封筒を開けると、経営指標の説明と株主優待の封筒が入っていました。

株主優待の封筒を開いたところです。上段に株主へのあいさつ、下段にクオカードが挟まっていました。

1,000円分のクオカードが2枚(主人の口座分と私の口座分)入っていました。ほんわかする絵柄ですね。

SBI証券のつなぎ売りを利用!支払ったコストと優待価値の比較

今回はカブドットコム証券のつなぎ売りではなく、SBI証券のつなぎ売りを使いました。

SBI証券公式 『つなぎ売り』をマスターして、株主優待をお得に活用しよう!

つなぎ売りをするために支払ったコストは合計で672円(税込み)でした。

  • 現物買手数料:293円
  • 信用売手数料:206円
  • 貸株料:173円(現渡手数料379円-信用売手数料206円)

主人と私の口座で支払ったコストは合計で1,344円

ゲットした株主優待は2,000円分のクオカードなので、割引率は約33%でした

(本来、現渡には手数料はかからないのですが、SBI証券では現渡の時に信用売手数料と貸株料を合計して約定代金から引いて受渡金額を算出しているようです。)