IPOネットマーケティングの当選分をNISA口座で売却!売却益は?

3月31日にJQSで新規上場したネットマーケティング(6175)。

主幹事SBI証券の資金枠で100株当選を頂いていたのですが、今日当選分を売却しました。

初値+αで売却!売却益はいくら?

公開価格1,140円に対して、初値は1,552円で付きました。

大手初値予想会社では1,700円や2,000円という初値予想も出ていたので、若干の期待外れ!?となりました。

我が家では、初値がついてからしばらく様子を見て、初値微プラスの1,590円で売却。

NISA口座で買付していたため、現物売手数料は無料、課税額も無料で、売却益は45,000円ちょうどとなりました。

初値後の値動き【ロックアップ解除の1.5倍を警戒か?】

初値後の値動きです。

高値は1,667円、安値は1,534円まであり、終値は1,630円で引けました。

初値が予想よりも低かったこともあり、初値よりは高く引けましたが、ロックアップが解除される1.5倍=1,710円を警戒した値動きとなりました。

セカンダリーの動向は?

今日はネットマーケティングではなく、後場が始まってすぐに初値がついたユーザーローカル(3984)のセカンダリー参戦に向けて準備をしていました。

12,000円までは買い注文を入れていたんですが、それ以上になったところで断念。

完全に結果論になりますが、そのままセカンダリーに参戦していたら数万円の利益を出せたはずなんですが…。

3月末株主優待のつなぎ売りをしていた投資家も多くいると予想される中、値がさ株で即金規制がかかっているユーザーローカルに買い注文が集まるのか、最後の最後で自信がもてなかったんです。

予想PERも200倍近くになっていたので、結局怖くてセカンダリーには参戦できませんでした。