高配当!年利6.5%(予定)のSBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus3号

SBIソーシャルレンディングから「SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus3号」募集開始のお知らせが来ていました。

公式HP SBIソーシャルレンディング

SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus3号の商品概要

商品名のとおり、基本的にはSBIソーシャルレンディングで毎月2回募集している「不動産担保ローン事業者ファンド」と似た商品になっています。

利回りは今回募集を開始する「SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus3号」の方が優秀です。

出資対象

投資家が出資した資金は、不動産を担保にローン事業を行っている企業の事業資金として貸し出されます。

通常のSBISL不動産担保ローン事業者ファンドと同様に、出資対象の企業は以下の条件を満たしています。

① 資本金5千万円以上の企業

② 直近6年間の累積貸倒れ件数2件以内かつ、2千万円以内

③ 利息制限法改正に伴う過払い無し

④ 貸金業の業暦7年以上

募集金額

3億円(1口5万円以上5万円単位)

出資募集期間

2017年3月21日(火)9:00~29日(水)15:00

結構人気の案件なのに募集金額が3億円しかないことを考えると、初日で売り切れるんじゃないかと思います。

我が家では21日の9時にパソコンの前に張り付いて更新ボタンを連打!する予定です(笑)

最近は人気の案件が出ると、サーバーへの負担からか公式HPの動きがすごく重たくなるんですが…。今回はどうでしょうか?

運用期間

約12ヶ月

償還予定日は2018年4月15日になっています。ただ、償還予定日前から毎月少額ずつ元本の返済が始まっていくことが多いんですけどね。

実質利回り(予定)

6.5%(年利)

配当金の配分は毎月15日に行われる予定です。

担保

借手が第三債務者に対して有する抵当権付きの貸付債権
(抵当権付きの貸付債権に対して質権を設定しますので、この貸付債権上の抵当権も担保に含みます。)

通常のSBISL不動産担保ローン事業者ファンドと同様に、担保になっている不動産評価額の70%を上限としてローン事業を行っている事業者に限定して融資しています。

毎回人気の「SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus3号」。我が家では出資することを予定しています。

もちろん元本保証ではないので「投資判断はご自身の責任で」という決まり文句がついてまわりますが、皆さんも資産運用のひとつの手段としてソーシャルレンディングを活用してみてはいかがでしょうか?

公式HP SBIソーシャルレンディング

配当額は?SBIソーシャルレンディング【’16年年間取引報告書を公開!】
SBIソーシャルレンディングのメッセージボックスに2016年の年間取引報告書が届いたので内容を大公開しちゃいます! 公式サイト SBI...