【小学生のかわいい筆箱選び】ソニックSK-1220-Vを1年間使った子どもの感想

小学校で使用する筆箱選び。新学期が始まる前に、しっかり揃えておきたいですよね。

「キャラクター禁止」の学校がかなり多いのに、子供はどうしてもキャラクターものを欲しがって困っちゃう・・・そんなママの声もちらほら。

キャラクターじゃなくても、女の子が気に入りそうな可愛い筆箱がありますよ♡

うちの子どもには、小学校入学に合わせてソニックの筆箱【リボーネ ロイヤルプリンセス バイオレット SK-1220-V】を購入しました。子供が「可愛い!絶対にこれが良い!」と言って自分で選びました。

あっと言う間に小学1年生も終盤。約1年間ソニックSK-1220-Vを使用してどうだったのか?汚れ具合など撮影してみました。そして実際に使用した娘に使い心地を聞いてみました。参考にしてください。

1年間お疲れさま。ソニックSK-1220-Vの汚れ具合

娘の性格はわりと几帳面。物を振り回して壊したり・・・などは特にありません。でも1年間毎日使った筆箱はさすがに汚れが目立っています。

筆箱の中身はこんな感じ。両開きタイプではないので、片方しか開きません。1年間使用しましたが、開き閉めは全く問題なく出来ます。壊れている様子はありません。

この部分が結構汚れが目立っていました icon-arrow-circle-down

仕切りがあって、少し斜めになってしまいますが20cmの定規がギリギリ入るサイズの筆箱。こちらも特に問題なし。

鉛筆を差し込む部分も壊れずに、問題なく使用できています。

「!!!」筆箱の裏側がめちゃくちゃ汚かったです。拭いたらある程度は取れそうな汚れです。

私が確認する限りは、2年生になってもまだまだ使用できる状態の筆箱であるように思いました。まあ見た目はそうでも、子供本人がどう思っているのか大事ですよね。使い心地を確認してみました。

「ソニックSK-1220-Vの使い心地はどう?」子どもの素直な感想

さっそく子どもに質問してみました。

「ねえねえ、学校で使ってる筆箱はどう?気に入ってる?困ってることない?」

こんな答えが返ってきました。

「気に入ってるよー可愛いし。もっと鉛筆を差し込める場所に鉛筆が入れられたらいいんだけどね・・・今はえんぴつ5本と赤えんぴつ1本しか入れるスペースないから。でもそれは無理だし、差し込む部分の後ろに鉛筆が入るスペースはあるから、そこに鉛筆をもっと入れて学校に行けば問題ないかな。とりあえず鉛筆が折れないように鉛筆キャップを買ってもらいたいなー。」

との事でした。

とりあえず、筆箱はもう1年くらい使ってもらえそうです。良かった~。可愛いだけじゃなくて、なかなか優秀な筆箱です。

鉛筆キャップをさっそく購入してあげようと思います。