青森県の十和田湖冬物語へ行くなら、宿泊した方が良い理由は?

十和田八幡平国立公園内で毎年開催されている、十和田湖冬物語。

青森県の冬のイベント!十和田湖冬物語2017を最大限に楽しむコツは?
青森県の冬の楽しみの一つと言えば、十和田湖で毎年開催されている十和田湖冬物語。今年は2月3日から26日までの期間開催されています。 ...

2017年の実施期間は2月3日から26日まで。平日15時から21時、土日祝11時から21時まで開催。毎年似たような日程と時刻で開催されるので、計画を立てる際に参考にすると良さそうです。

「十和田湖冬物語に何時頃から行こう・・・」とお悩みではないですか?

「お昼か夜に到着するように向かって、冬物語の会場を日帰りで楽しんで帰ろう」と企画しているそこのあなた!ちょっと待ってください!!

十和田湖冬物語で楽しめるアルコールをご存知ですか?この時期だけ特別提供される十和田湖冬物語のアルコール類。

きっと知ったら、近くの宿でゆっくり泊まって帰ろうという気分になると思いますよ。

十和田湖冬物語のかまくらBarで絶対一杯飲みたい!

十和田湖冬物語の名物の1つはかまくらBar。かまくらBarの中はまさに異空間!家族でもカップルでも1人でも中に入るだけで気分が高まります。

ここで提供されているのはこんなアルコール。まずは、日本酒のお品書き。

アルコールだけでなく、ジュースも楽しめますよ。Barですが、子連れももちろんオッケーです。

お品書きだけを見ると、普通のBarのようですが・・・実は氷の器でアルコール類が提供されるんですよ。

ちなみに、私はカシスミルクを注文しました。いつもと違う空間で、氷のグラスで頂くカシスミルク!最高に美味しかったですよ。

グリューワインはお代わり自由!

2017年の十和田湖冬物語期間中は正面入り口を入ってすぐ左とステージ前の2カ所でグリューワインを販売。(去年は1カ所)

その年によって販売されている場所は変化がありそうです。

グリューワインは氷の器では出てきません。氷の器の飲み物はかまくらBarの中限定です。でも、グリューワインは温かくて、外で頂くと体がポカポカ。なんだかホッとします。

実は、一度飲んだら飲み放題なんですよ。太っ腹すぎます。花火を見ながらグリューワイン、贅沢なひと時を味わえます。

開催期間の途中でおかわり2回までに変更されていました。毎年変わりそうなので、確認してみてください。

十和田湖で宿泊するならココ!十和田湖冬物語の会場まで徒歩圏内

どうですか?せっかく十和田湖冬物語へ行くなら期間限定のアルコール類も楽しみたい気持ちになりましたか?

お酒を飲んだら、もちろん運転して帰っちゃダメです。

お酒で酔いが回っていても大丈夫なように、十和田湖冬物語の会場近くの宿泊施設をご紹介しておきますね。全て徒歩圏内です。

十和田湖畔温泉 ホテル十和田荘

十和田湖冬物語会場までの距離350m、徒歩4分。一番近くて、大きい宿泊施設のホテル十和田荘。館内は広くて、大浴場も快適。リーズナブルな値段で泊まりたい人におすすめです。

十和田湖グランドホテル 湖畔

十和田湖冬物語会場までの距離600m、徒歩7分の十和田湖畔グランドホテル湖畔。十和田湖畔にたたずむホテルで、十和田湖を望むお部屋は大自然を満喫できます。

十和田湖畔温泉 とわだこ賑山亭

十和田湖冬物語会場までの距離650m、徒歩8分の十和田湖畔温泉とわだこ賑山亭。炉端焼き料理が楽しめる宿として人気があります。安心してください、ほとんどスタッフの人が焼いてくれます。炭火がひき出す食材の旨み。たまりませんよ!

宿の食事を楽しみたい人におすすめです。

十和田湖畔温泉 とわだこ遊月

十和田湖冬物語会場までの距離750m、徒歩10分の十和田湖畔温泉とわだこ遊月。十和田湖名産のヒメマスをはじめ、地元で採れた山菜や郷土食のきりたんぽなどこの土地ならではの食事が評判です。

また十和田湖で唯一の展望露天風呂で日頃の疲れを癒すことが出来ます。

全ての宿泊施設で、十和田湖冬物語の会場まで10分以内。かなり好立地です。宿泊すれば、存分に楽しめそうですね。夜の花火は迫力満点。ゆったりとした気分で楽しんでみてはいかがでしょうか?しっかりと厚着して寒さ対策してくださいね。